フリード値引きポイントの下取りと買取りの違いについて

 

買い取りと下取りの違いは?

買取りと下取りとは、何が違うのでしょう。

買取は、現在乗っている乗用車を売って、それをキャッシュに変え、そのマネーで新たな車を購入するという方法です。

買い取りのメリットは、複数の業者に査定を依頼できるので、高く売却できるところです。

難点は、相場変動が激しいので、価格が安定しないところです。

中古車相場はオークション会場やエリアの違いで大きく変わってくるからです。

通常、下取りは、愛車を売った同様の販売店舗で次の車の購入資金に充てるという方法です。

言ってしまえば、乗っていた自動車を引き取ってもらうというスタイルです。

 

下取りと買い取りのメリットとデメリットとは?

下取りの利点は、同様のお店で取引するので手間が少なくて済むところです。

痛い所は、実際の下取り価値がわかりにくく、買取に比べて、査定額が低くなりやすいところです。

下取り基本値段表を基に査定するのですが、値段表は業者間のオークション市場価格に必ずしも連動していません。

合わせて、外注部品についても、下取りのときは、期待できません。

買い取りも下取りも一長一短ありますが、先ずは、自分の車の査定額の時価を理解してから、下取り交渉に臨むのが賢明です。

 

フリード値引購入に大切な査定を気持ち良く成功させる基本

有効的な商談を行うためには

マイカーの査定の申しこみをするときは、査定担当者の対応を見て感じをつかむことが大切です。

最終的に、査定をするのは人間です。

その方の品性にもよりますが、感じを探ることで、部分的の査定額の流れを把握することができます。

仮に、評価の折、担当者にまじめさを少しも感じられないような場は、高値は期待できないでしょう。

そうしたケースは、取り引きを打ち切って、別のディーラーに転換した方がよいかもしれません。

印象のよくない査定かかりに、いくら愛車のアピール部分を主張してもそれが通ることは難しくなります。

査定する人は本職なので、アピールしなくても本質的にポイントアップの要点は見逃しません。

 

商談終了させるタイミング

最後を焦りむちゃに成約すると、後で他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感じがよろしくない時は、あっさり切り上げる方が堅実です。

査定担当者に対しては、ある程度はアピールしてもいいのですが、あまりに往生際が悪すぎると反対に印象が悪くなるので、気をつけなければなりません。

査定スタッフは出来る限り早い契約を獲得したいと思っています。

そのためには、好感触だなと感じていても、身長に焦らず対応するのが不可欠です。

 

フリード最新目標値引き額

フリードの値引き相場の動向

これまでの値引相場動向をフリードのモデルチェンジの時期を合わせてみると、どのタイミングでフリードの値引きが拡大するのかが見えてきます。

まず一番値引きが渋いのは新型モデルが発売された直後です。

モデル発売直後では5~10万円前後の値引き相場でした。

ですが半年ほどすれば20万円以上の値引きが可能となり、1年以上経てば20万後半~30万円まで値引き額は拡張しています。

フリードの値引き額相場はこれの繰り返しなので、新型を安く買いたいなら、半年よりも1年以上待ってから買った方が割安感がありますね。

また、一部だけの改良やマイナーチェンジの後も、フルモデルチェンジ直後ほどではありませんが、値引きが減少する傾向にあります。

その時のフリードの人気にもよりますが、マイナーチェンジが実施された後は3ヶ月程度でまた再び値引き金額が上昇傾向になります。

フリードの値引き金額相場が下がっている時は、一部改良やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジの時です。

反対から見ると値引き金額相場が一番高くなるのは、フルモデルチェンジ前です。

フルモデルチェンジが実施されえる2~3ヶ月程度前には現行モデルのバーゲンセールが始まります。

現行モデルを最安で購入するならフルモデルチェンジ前が有効ですね。

新型ラインナップの値引額は、半年ないし1年ほど待てば値引きは拡大するでしょう。

 

フリードの最新目標値引き相場

フリードの車両価格からの最新目標値引き参考額です。

オプション・付属品を付けた時にはさらに値引き上乗せを狙いたいですね。

(目標値引き参考額は管理人が独自に調べたものであり、すべての人がこの値引き額で買えるという事ではありません。購入するグレードや時期、地域、タイミングなどによって、値引き相場は動きますので、それを意識した上でご参考にしていただきたいと思います。)

 

ホンダフリードのツィッターの反応

何も見つかりませんでした。