トヨタ アルファード

トヨタ アルファードの口コミ・新車・中古車値引きの相場

アルファードの口コミ、値引き情報!

 

 

アルファードの最新の口コミと値引き情報です

 

 

今月のトヨタ アルファード新車目標値引き額

 

アルファード・・・30万円

 

アルファードハイブリッド・・・30万円

 

 

アルファード、アルファードハイブリッドの値引き交渉では、兄弟車のヴェルファイアをはじめ、エルグランド、オデッセイ、エスティマなど、競合車が多数あるのでこれらの車種と迷っていると商談を進めていけば、値引きの上乗せは可能です。

 

特にトヨタ同士の競合が有効でしょう。

 

アルファードの目標値引き額達成するための新車値引き交渉術

 

 

アルファードの新車・中古車お得情報

 

アルファード値引き交渉術

 

 

アルファード値引き短期決戦

 

下取り車はできるだけ高く売ろう!

 

下取り車はアルファードを安く買うために大きな武器となります。

 

下取り車を出来るだけ高く売ってアルファードの総支払額を下げましょう。

 

 

下取り車を最も高く売る方法はこちらから!

 

アルファード最強車買取

 

アルファードの新車値引き交渉序盤編

 

ここでは、序盤編、中盤編、終盤編と三段階に分けてアルファード、アルファードハイブリッドの新車値引き交渉術を紹介していきます。

 

※目標値引きの参考に!アルファードの実例値引き額

 

 

 

営業マンと交渉する時は、交渉を楽しみながら接するようにしましょう。

 

横柄な態度を取るのは禁物です。

 

新車購入後は何かと頼りになるのも営業マンです。

 

営業マンと良好な関係を築けると良いでしょうね。

 

「このお客さんには是非アルファードに乗ってもらいたいな」と思わせることが出来れば、値引き交渉でも有利になる事は間違いありません。

 

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

 

買取店の相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすいでしょう。

 

下取り車がある場合は、高額査定で下取り車を高く売るも合わせてご参考下さい。

 

ディーラー初回訪問

 

商談するディーラーをリストアップしたら、それぞれのディーラーで商談を開始します。

 

アルファードのトヨペット店の他、競合車に設定したライバル車のディーラーへ訪問します。

 

その際は、営業マンの方から積極的なアプローチがなければ基本的に値引きの話をする必要はありません。

 

アルファードや他車の試乗、見積もり、査定などをしてもらいましょう。

 

本気で新車を購入すると印象付ける

 

営業マンには新車の購入意思があることをしっかりと印象付ける事が大切です。

 

「車種は迷っているが新車を購入するつもりで本格的に検討中です」などと購入意思をハッキリとさせれば、今後営業マンもやる気になって対応してくれるでしょう。

 

ノルマに焦っていれば、営業マンの方からいきなりアルファードの好条件を提示してくる事も考えられます。

 

買うのか買わないのかハッキリしない態度だと、営業マンも買う気があるのか判断できないので、積極的に売り込んで来ない事があります。

 

見積もりで注意する事

 

アルファードや他車の見積もりをもらう時に注意する事は、できるだけ簡素な見積もりをもらうようにしましょう。

 

グレードだけ告げてディーラー任せでアルファードの見積もりを依頼すると、ディーラーによってはこちらに必要のないオプションやJAF入会などを見積もりに入れてくる事があります。

 

そのまま商談が進んでしまうと、それら必要のない付属品を含んだ価格がベースになってしまい、値引きが拡大しても実はボディコートやJAFをカットしただけだった、何てこともあるので余計なものは含まないアルファードの見積書をもらうようにしましょう。

 

例えば、「グレードは240Sで、オプションはマットとバイザーのみで見積もってください。」などと言うと良いでしょう。

 

オプションは競合交渉する中盤編以降に希望のオプションを追加して交渉していくと良いでしょう。

 

契約直前では数万円程度のサービス品の要求や、ナビのグレードアップ、追加オプションなどを用意してアルファードの支払額を変えず契約を迫る方法もあります。

 

予算を聞かれたら

 

「予算はおいくらでしょうか?」などと聞かれても、この段階では具体的な金額を言う必要はありません。

 

もし金額を言ってしまうと、その予算内でまとめられてしまい、値引きの上乗せが効かなくなります。

 

またあまり低い金額を言っても、「その予算では、ご希望のグレードは厳しいので、グレードを一つ下げたらいかがでしょう?」などと言われてしまいます。

 

こちらから営業マンにアルファードの予算を告げる時は、交渉終盤に入ってからここぞと言う時に出す切り札です。

 

この段階では具体的な予算は言わず、「あまりないので安いほどいいですよ」などと言って逃げておきましょう。

 

アルファード以外にも候補の車があることを伝える

 

最初からアルファードが本命と悟られてしまうと、営業マンは「アルファードを買うことは間違いないから、ある程度値引きすれば買ってくれるだろう」となってしまい、値引きを抑えられてしまう事があります。

 

「アルファードは有力な候補ですが、アルファード以外にも迷っている車があります」などと伝えれば、後々アルファードの値引きの上乗せにも応じてもらいやすくなります。

 

なお、アルファード同士の競合は交渉終盤まで仕掛けないほうがいいでしょう。

 

最初から「他のトヨペット店にも行ってます」などとやると、営業マンが警戒してしまいアルファードの値引きが伸びなくなる事があります。

 

アルファードの新車値引き交渉中盤編

 

序盤編でアルファード、アルファードハイブリッドや他車のディーラーで初回交渉を済ませたら、いよいよ競合を含めた本格的な値引き交渉を開始します。

 

中盤編では、アルファード同士の競合を除いた他車との競合により、ある程度の値引きを引き出します。

 

中盤編でアルファードの限界付近の値引き額を引き出せれば、終盤編で大幅値引き達成の確率が高まります。

 

アルファードと他車との競合

 

序盤編でアルファードや他車のディーラーを回ったら、そこでのディーラーの雰囲気や営業マンの印象などを考慮に入れて、次に回るディーラーの順番を決めていきます。

 

アルファードやライバル車も含めて、値引きを頑張ってくれそうな営業マン、話しやすそうな営業マンなどを考慮に入れて、優先順位を付けていきます。

 

そして値引きが期待できそうなディーラーほど後回しにして今後ディーラーめぐりをしていきましょう。

 

優先順位の低いライバル車のディーラーから回って行き、そこで出た値引き条件を次のディーラーへ、そこで出た条件をまた次のディーラーへと、他のディーラーの値引き条件をどんどんぶつけて競合させていきます。

 

その際は、「向こうは○○万円引いてくれましたよ」などと、具体的な金額を出すと良いでしょう。

 

そうして出たライバル車の条件を後回しにしているアルファードのトヨペット店へぶつけます。

 

その場合も、「車選びにはまだ迷っている」と言う状況で営業マンと接していきます。

 

そして「向こうはアルファードよりもこれだけ安くしてくれてます」などと言って、値引きの上乗せを迫りましょう。

 

アルファード同士の競合はまだ控える

 

越境などで経営の異なる複数のトヨペット店と商談している場合は、アルファード同士の競合はまだ控えます。

 

この段階でアルファードの取り扱い店同士の競合をあおると、「ではその金額にあわせます」などと言ってきて値引きの上乗せがストップしてしまう事があります。

 

実際はまだ上乗せが可能でも、アルファード同士の競合だと互いのディーラーがけん制しあって、なかなか値引き額が増えない事があります。

 

アルファード同士の競合は交渉終盤で持ちかける方が良いでしょう。

 

アルファードの限界付近の条件を引き出す

 

ライバル車の条件をもとに、アルファードの限界付近の値引き条件を出してもらいます。

 

「嫁さんはエリシオンを気に入っていて、向こうはすでにこれだけの条件が出ています。こちらも頑張ってもらわないと金額でエリシオンに決まりそうです。嫁さんを説得するのでアルファードも目一杯の条件を出してください」などと言って限界付近の値引き額を引き出しましょう。

 

これをそれぞれのトヨペット店で仕掛けます。

 

「この条件は今日までです。契約してください!」と条件提示をされて契約を迫られても、「大きな買い物なので嫁さん(又は親兄弟など)と相談しないと決められません」「向こうの営業マンとこの後会う約束をしています。約束は破れないので今は契約できません」などと言ってやんわりとかわしておきましょう。

 

値引きと査定は分けて交渉

 

下取り車がある場合は、アルファードの値引き交渉と並行して下取り額の上乗せも要求していきます。

 

その時はアルファードの値引き額と下取り車の査定額とを分けて交渉して行きましょう。

 

「値引きと下取り込みで○○万円です」とやられてしまうと、買取店や他のディーラーの査定額との比較が出来ません。

 

コミコミだと契約してからいざ契約書の内容を見てみると、値引き額も査定額も思ったほどではなかった、なんて事もあります。

 

アルファードの値引き額と下取り額はきっちりと分けて交渉するといいでしょう。

 

アルファードの新車値引き交渉終盤編

 

中盤編でアルファード、アルファードハイブリッドから限界付近の値引き条件、又はまずまずの値引き額を引き出せたら、他の車との競合からアルファード同士の競合に切り替えます。

 

アルファード同士の競合を仕掛ける

 

これまで他車との競合をしてきましたが、アルファードから限界付近あるいはまずまずの値引きを引き出せたら、さらに値引きの上乗せを獲得するために、アルファード同士の競合に切り替えます。

 

アルファード同士の競合が出来ない場合は、ヴェルファイアとの競合に切り替えましょう。

 

一例ですが、「実は自分の本命はエスティマだったのですが、嫁さんの希望もあってアルファードに決めようと思います。ただ現実的に予算も厳しいので他のトヨタでも(またはヴェルファイアのネッツ店でも)話を聞いて来ました。向こうは所長さんも出てきて総額○○万円を提示してきました。契約を迫られましたが、こちらとの約束があったので何とか返事を待ってもらってる状態です。」

 

「購入後のことを考えると家からも近いし、セールスさんの人柄も重要なので出来れば○○さんの所でアルファードを買いたいと思います。総支払額○○万円にしてくれて、○○をサービスで付けてくれたらこの場で契約します。」などとこちらの最終条件を提示します。

 

ハンコを押す前の最後の一押し

 

アルファードの最後の条件を提示する時に、多少無理目な金額を要求する手もあります。

 

ディーラーの提示額が360万円で総額350万円が希望額なら、それよりも低めで「345万円になれば契約します」などと言ってみると良いでしょう。

 

そこで「それでやります」となれば目標達成ですが、「355万ならOKがでました」とか「代わりに○○をサービスしますので、これで決めてください」などと何らかの妥協案を提示してくる事もあります。

 

もちろんそれで納得してはいけません。「ではETCを無料でサービスしてください」「サービスでボディコーティングをしてください」などと自分で納得できる無料サービスを要求すると良いでしょう。

 

あまり金額的にギリギリの条件のようなら、数万円程度のオプションサービスが通りやすいでしょう。

 

他にも端数のカットや納車時のガソリン満タン、車庫証明費用などの手数料カット、購入後のオイル交換サービスなどを付け加えてみるのも良いでしょう。

 

そして自分の納得できる条件が出れば、アルファードの契約となります。

 

下取り車がある場合は

 

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。

 

アルファードを安く買うための車査定

 

下取り車が高く売れれば売れるほど、アルファード、アルファードハイブリッドの総支払額が安くなりますし、余計にオプションを付けられたり、グレードを一つ上げられる事もあるでしょう。

 

ここでは下取り車を最も高値で下取り、もしくは売却できる方法を紹介します。簡単ですので是非実践しましょう。

 

ディーラー査定の前に下取り車の相場を知る

 

アルファードを安く買おうと思ったら、値引き交渉の他に下取り車をディーラーで査定してもらい、そこから出来るだけ査定額の上乗せを目指して交渉していくと思います。

 

ここで大事なのが、下取り車の相場を知る事です。

 

ディーラー査定の多くは、まずディーラーにある規定の査定額を提示され、「決めてくれるならあと○万円上乗せします」とか、「アルファードの値引きが限界まで来てるので下取りの方で調整します」などと言ってくることが多いです。

 

これは値引きの代わりに下取り額をアップさせて、値引きを多く見せるセールステクニックが考えられます。

 

アルファードを買うユーザーから見れば、「アルファードの値引きはそこそこだけど、査定額が○万円もアップしたから結局はお得かな」と納得して契約してしまうかもしれません。

 

もちろんその査定額が、一般的な買い取り相場よりも高く、本当に売り得な査定額なら問題ありません。

 

実際そのような例も多々あります。

 

ただ正確なその下取り車の相場を分かっていないと、そのディーラーで付けられた査定額が本当にお得だったかどうかの判断ができません。

 

実際にはもっと高値が付く可能性もあるのです。

 

これが中古車市場で人気の車種ならその差額が5万・10万・もしくはそれ以上の高値で売れるかもしれません。

 

このような人気車や、高額車になればなるほどその金額の差は大きくなり、数万円から数十万円の大きな損失となる可能性があります。

 

せっかく大事に乗ってきた愛車の価値を有効に使えずに損をしたくはありません。

 

損をしないためには、まず下取り車の相場をしっかりと把握する事が必要です。

 

そのためにはまず1店舗でいいので買取店の査定を受けて買い取り相場を把握しておきましょう。

 

買取店のおおよその買取相場が分かれば、それを元に各ディーラーで査定額の交渉が出来ますし、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断も出来ます。

 

また、ディーラーでも決算期などには、メーカーから「下取り対策費」が出ることがあります。

 

下取り対策費を利用して買取店の金額に対抗してくる事もあるので、買い取り店の金額を基にディーラー査定の上乗せも期待できます。

 

近所の買取店で査定してもらっても良いですし、ネットからも手軽に相場を知る事ができます。

 

以下が簡単に相場がわかるサイトです。

 

車買取まとめ

 

このネット査定で出された査定額を元に、アルファードのトヨペット店やライバル車のディーラーで、値引き額に加えて下取り額の交渉もしていくと良いでしょう。

 

最後に限界値で愛車を売るには?

 

アルファードの値引き交渉と並行して、上記の買取店の買い取り相場を参考に査定額の上乗せも交渉していきます。

 

そして値引きも下取り額も満足の行く結果になったら、いよいよアルファードの契約となるのですが、ここで最後のもうひと工夫で下取り車がさらに高値で売れる可能性があります。

 

その方法は、アルファードの納車直前に複数の買取店に下取り車を査定してもらい、ディーラーも含めて最も高値を付けてくれたところに売却する方法です。

 

具体的には、アルファードの契約時に「実は下取り車を親戚に売る事になるかもしれないので、納車の直前までに下取りに出すか出さないかを決めます。

 

その際、下取りに出す場合は○○万円で下取りする事を約束して、契約書に一筆書いてもらえませんか?OKなら契約します」とやります。

 

契約を前提に話をすればまず承諾してくれるでしょう。

 

こうする事で納車の直前まで自分の車に乗っていられて、ディーラーでの査定額も保証されます。

 

そして納車直前に複数の買取店に査定してもらい、一番高値の所に売却する事ができます。

 

ここで便利なのが、ネットの一括無料査定です。

 

一括無料査定に依頼した買取店では、無料出張査定も行っていますので、希望する買取店に時間と場所を指定して、実際に査定してもらう事もできます。

 

そこでディーラーや最初の買取店よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、ディーラーよりも安ければもちろん断る事も可能です。

 

もちろん自分の足で1件1件買取店を回ってみるのも良いでしょう。

 

このように、アルファードの納車直前にディーラーと複数の買取店の査定額を比較して、最も高値の所で売却すれば、ほぼ最高額で下取り車を手放す事が出来るでしょう。

 

下取り車は大切な財産なので、できるだけ高く売ってアルファードを安く買いましょう!

 

体験談

体験済みおすすめ一括査定業者
 
ズバット車買取比較

公式HPはこちら
紹介してくれた友人の体験レポはこちら


かんたん車査定ガイド

公式HPはこちら
紹介してくれた友人の体験レポはこちら

関連ページ

プリウス
結婚や離婚、転職や引越、遺産相続など人生の節目を機に車を手放される状況や、車検切れやエンジンがかからない、バッテリー上がりや事故車(修復暦あり)、パンク、その他車が動かないなど、車の状態が変化した為に車の買取を希望される。 又、維持費が高い、自動車税が払えない、借金返済のため今すぐお金が必要など切羽詰った状態かもしれない貴方に出来るだけ当日中に即現金化出来るように古い中古車を家にいながら出張買取で面倒くさくないように売却できる手段をご紹介しております。
クラウン
人気のクラウンのお役立ち記事

TOP 疑問即解決 ズバット かんたん カーセンサー 車検切れ 事故車 廃車